セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人カードデビューの一枚として最適

   

個人事業主にとっての法人カード最初の一枚、しかもアメックスカードとしてセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)は実質年会費無料という事もあってとても使い勝手のいい法人カードでした。

しかし2020年1月をもって廃止になりました。

その後継カードとして登場したのがセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。(以降セゾンコバルト・ビジネス・アメックスと表記)

残念ながら実質年会費無料にはならなくなったのですがその分優待特典が充実した法人カードになっています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのスペック

 

券面
年会費 1,000円+税
引き落とし口座 個人口座・法人口座ともに可
国際ブランド American Express
ポイント還元率 0.5% 永久不滅ポイント(有効期限なし)
追加カード年会費 永年無料 (4枚まで作成)
ETCカード年会費 永年無料
海外国内旅行傷害保険 なし
必要な確認書類 本人確認書類のみ

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

年会費

廃止になったセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)の年会費は1,000円(税別)ですが年に一回でもカードを利用すれば次年度は年会費が無料になる実質年会費無料の法人カードでした。

それに対して後継カードであるセゾンコバルト ・ビジネス・アメックスはしっかりと年会費は1,000円(税別)がかかります。

ここはちょっと残念な部分ではあります。

でも相変わらず個人事業主や小規模法人の経営者向けの法人カード最初の一枚としておすすめカードではあります。

年会費は1,000円(税別)で国際プランドがアメリカン・エキスプレスの法人カードが持てるのはありがたい!

カード限度額

ひとによって違いはありますが、だいたい初期限度額は30万円程度でしょう。

そこから延滞などの問題なくカード利用履歴を延ばしていけば最高500万円くらいの限度額にはなると思います。

個人事業主や小規模法人の経営者向けとしては使える限度額ではないでしょうか。

クレジットカードの限度額は国際ブランドごとに設定される

たとえばアメックスカードを2枚持っていて、限度額が200万円の場合は2枚の合計が200万円を超えてはいけない。利用限度額をすぐに増やしたいのなら別の国際ブランドのカードを作る。

アメックスのカードを所有している場合は新たにJCB、VISA、MsterCardなどを作れば別枠の限度額が設けられる

必要書類

以前の法人カード作成に必要な書類は「会社登記簿」「決算書」などがあり面倒だったんですが、最近の個人事業主もターゲットにした法人カードは本人確認書類のみで作れるものが多くなっています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスも必要なのは本人確認書類のみ。
しかも郵送するわけでなくネット上で写メを撮って送るだけ。

審査が通れば、もうカードが郵送されてきます。

付帯保険

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスには旅行中の不慮の事故などによる傷害を保証してくれる保険は付いていません。

もちろんカードの盗難や紛失による被害に対してはしっかりと補償をしてくれますので、そこは安心。

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスの審査

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスは個人事業主や法人経営者、それも赤字経営でも申し込みが出来ます。

というか本人確認書類(運転免許証など)だけで作れるのでその会社が赤字経営かどうか知るよしがありません。

そしてネットから申し込みをしようとするとわかるのでが、申し込みフォームを見てみると学生・配偶者(本人収入なし)・その他(家事手伝いなど)の項目が用意されています。

画像引用元:セゾンコバルト・ビジネス・アメックス公式サイト

法人カードではあるんですが間口はだいぶ広くしてあるのがわかりますね。

審査はそれほど厳しくないのが推測できます。

赤字経営の個人事業主、法人経営者の方も問題なく申し込めます。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスならではの優待特典

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスならではの優待特典はビジネスに直結するネット関連のサービスが2件、ワーキングスペースに対するサービスが1件あります。

エックスサーバー優待

今の時代レンタルサーバーのビジネスでの需要は大きいです。

ネット関連の事業でなくともレンタルサーバーが必要なビジネスは多い。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスでは国内シェアNo.1のレンタルサーバー、「エックスサーバー」契約時の初期設定費用が無料になる特典があります。

個人向けプラン(X10、X20、X30) 初期設定費用3,000円(税抜)が無料
法人向けプラン(B10、B20、B30) 初期設定費用15,000円(税抜)が無料
ビジス立ち上げ時の経費削減に役立つ特典ですね。

エックスサーバーで僕が便利なだあ〜と思ったのは「WordPress簡単移行」という機能。

必要な情報を入力するだけで、他社サーバーで運用中のWordPressを自動的にエックスサーバーへ移行する事ができます。

公式サイトセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

会計・給与のクラウドサービス優待

法人カードとクラウド会計ソフトの連携は最強です。

経理処理も自分一人でやらなければいけない個人事業主や小規模法人の経営者にとって(株)ミロク情報サービスの「会計・給与のクラウドサービス」無料お試しが3ヶ月使えるのは魅力です。

WeWork優待

画像引用元:https://www.wework.com


WeWork(ウィーワーク)
はニューヨーク生まれのオシャレなシェアオフィスです。

内装が売りで、起業家やベンチャー、フリーランスのビジネスマンに人気のワーキングスペース。

全世界28カ国105都市485箇所あります。(国内は20箇所程度)

このWeWorkを2020年2月29日までに契約すると、初年度利用料が10%OFFとなる優待があります。

永久不滅ポイント

 

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスのポイントは「永久不滅ポイント」。

つまり有効期限なしでいつまででも貯めておけるポイント。

クレジットカードのポイントって大抵有効期限がありますよね。

僕もよく有効期限切れになるポイントを消費するためにあわてて何かを買ったりします。

アマゾンギフト券とかに換えておくのもいいですね。

そういう心配をしなくていいのが有効期限なしの「永久不滅ポイント」。

還元率は0.5%とちょっと残念な低さ。

でも使い方によっては何倍かになることもあるんです。

セブン-イレブンなら1.5%

全国のセブン-イレブンでの利用で元々の「セゾン永久不滅ポイント」が0.5%、nanacoポイントが1%、で合計1.5%のポイントが付きますよ。

nanacoを使っている人であれば、あらかじめ会員サイト「Netアンサー」から「セゾンカードのご利用でnanacoポイントが貯まる」というサービスの申し込みをするとセブン-イレブンでの利用で1.5%のポイントのポイントが獲得出来ます。

特定加盟店での利用なら2%

ヤフービジネスサービス
クラウドワークス
AMAZON WEB SERVICE(AWS)
Xサーバー
お名前.com
cybozu
さくらインターネット
モノタロウ
マネーフォワード
ミロクかんたんクラウド

これらの特定加盟店でのサービスを利用すると通常の4倍、つまり2%の高還元率で永久不滅ポイントが付きます。

通常は千円の利用で1ポイント(5円相当)なのが4ポイント(20円相当)の永久不滅ポイントが付きます。

ポイント交換

貯まったポイントを他のサービスへ交換して使う事ができます。

交換先によっては元々の還元率0.5%より下がってしまう事もあるので注意して交換してください。

必要な永久不滅ポイント 交換出来る金額 その場合の還元率
ポイントでお支払い 200 900 0.45%
永久不滅WALLET 100 450 0.45%
Amazonギフト券 200 1,000 0.50%
Tポイント 100 450 0.45%
dポイント 200 1,000 0.50%
au WALLETポイント 200 1,000 0.50%
nanacoポイント 200 920 0.46%
point/”>Pontaポイント 200 900 0.45%
スターバックス カード 200 900 0.45%
JALマイル 200 500 0.25%
ANAマイル 200 600 0.30%
すかいらーくご優待券 200 1,000 0.50%
モスカード 400 2,000 0.50%
ベルメゾン・ポイント 200 1,000 0.50%
tabiデスク旅行代金 200 900 0.45%
ANA SKY コイン 200 900 0.45%
プリンスチケット 400 2,000 0.50%

(交換可能な永久不滅ポイントが貯まるとメールで知らせてくれるのも嬉しい)

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスのデメリット

廃止になったセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)の後継カードとしてセゾンコバルト・ビジネス・アメックスのデメリットは年会費が千円かかってしまうところでしょう。

年会費実質無料だったセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)は貴重な年会費無料の法人カードだったのです。

もし、どうしても年会費無料の法人カードがいいのなら「ライフカード ビジネスライト スタンダード」が唯一永年年会費無料の法人カードとしてがんばっています。

あともうひとつ、デメリットと言えるのは国内・海外旅行傷害保険がついていないところです。

これをカバーするには「楽天カード」「エポスカード」などの年会費無料だが国内・海外旅行傷害保険がついているクレジットカードと組み合わせて使う事ですね。

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスまとめ

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンコバルト・ビジネス・アメックス)は年会費1,000円で気軽作れる法人カード。

個人事業主や小規模法人経営者の法人カード最初の1枚として最適だと思います。

アメックスカード最初の1枚としていいと思います。

サクッと作れるけどビジネスにはしっかりと使える法人カード。

社員用の追加カードが無料で4枚まで作れる。
社員用の法人ETCカードももちろん無料で作れます。

ビジネスに特化した優待特典も用意されています。

本人確認書類だけ作れるハードルの低い法人カードです。

お試しあれ!

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード


以上「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人カードデビューの一枚として最適」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 法人カード個別記事, セゾンカード