【2020年版】年会費無料のおすすめ法人カード

      2020/01/18

一般的な個人向けのクレジットカードで年会費無料のものはたくさんあります。
例えば「楽天カード」「エポスカード」、これらは永年年会費無料です。

それに対して事業で使うクレジットカードは会社の仕入れ、経費などに使うもので法人会社なら当然引き落とし先は法人口座になります。
これらで年会費無料のものはほとんどありません。

ただし、まったくないわけではありません。

年会費無料、つまりランニングコストゼロのおすすめ法人カードを紹介します。
事業で使う最初の法人カードとして年会費無料のものならとりあえず作ってみようという方、必見です。

法人カードと個人カードの違い

初めて法人カードを作る人のために法人カードと個人カードの違いを簡単におさらいしておきましょう。

使い道が違う

一番大きな違いはその使い道です。

普通の人は多分読まないと思いますが最初にカードが郵送されてくるとき「カード規約」も同封されています。
細かい字でびっしりと書いてあるので誰も読まないでしょう。

個人カード

個人カードはあくまで個人自身の買い物や金融サービスなどに利用が限られます。

VISAカード
第12条(カード利用の断り及び一時停止、会員資格及び使用者資格の取消等)
1.当社は、会員または使用者が利用枠を超えた利用をした場合またはしようとした
場合、利用枠以内であっても短時間に換金性商品を連続して購入する等カードの利用
状況が不審な場合または延滞が発生するなどの利用代金の支払状況等の事情によっ
ては、全カードまたは一部のカードの利用をお断りすることがあります。

「短時間に換金性商品を連続して購入する」
この行為は商品を仕入れる行為と同じにみえます。
個人カードでこれをやってしまうとカードの現金化(違法行為)なのか商品仕入れなのか判別出来ないので、利用停止になる可能性があるのです。

法人カード

オリコ法人カード
<取引目的>
このカードは、申込者が営業のために又は営業としてする取引(事業費決済および事業費融資)専用のカードです

法人カードの規約では事業費決済および事業費融資に使っていい事が明記されています。

これらの規約を守らないとカードの利用停止や解約になることもあるのです。

ただし2、3回規約と違う使い方をしたからといってすぐに利用停止などになるわけではありません。

個人カードで明らかに商品の仕入れと思われる使い方を継続的にしてしまった場合、まず警告がきて、その後利用停止、解約という処分になったりします。

しかしこれもカード会社によって対応は違っていて個人事業主が自分の個人カードで事業の決済を続けていても問題ない場合が多いです。

社員用のクレジットカードやETCカード

使い道に関しては自分で気をつけてもらうとしても、「社員用のクレジットカードやETCカードを作りたい」という場合は法人カードでないと対応出来ません。

引き落とし先が会社の口座になっているクレジットカードやETCカードを必要な枚数作って社員・従業員に渡そうと思ったら法人カードでないとだめなんです。

個人カードでも家族カードというものがあって引き落とし先が一緒のカードを複数枚作る事は出来ますがあくまで生計を共にする家族内でしか作れない決まりになっています。

引き落とし先が会社の口座になっているカードを必要な枚数作る。これって出来そうだけど出来ません。
社長がクレジットカードを何枚も作って引き落とし先を会社、あるいは社長の個人口座にしたとしても、その社長名義のカードを社員に使わせるのは完全にカード規約に反するのですよ。

カードの管理・貸与に関する項目(Master Card)
カードは所定の署名欄に自著した会員のみが利用でき他人に貸与・預入・譲渡・質入又は担保提供などに利用するなど第三者ねの占有の移転は一切出来ません。
これに違反してカードが他人に利用されたことにより生じる一切の債務については本規約を適用し、会員がすべての責任を負うものとします。

法人カードなら事業に使うのは前提なのでそれが出来るようになっているのです。

年会費無料のおすすめ法人カード

さあ、お待たせしました。ここから年会費無料で使えるおすすめの法人カードを紹介していきますよ。

ライフカード ビジネスライト スタンダード

文字どおり年会費永年無料の法人カード。

ただし「ゴールド」は初年度無料で次年度からは2,000円。

個人事業主から法人会社まで使えるカードです。

スタンダード ゴールド
カードデザイン
年会費 永年無料 2,000円
(初年度無料)
国際ブランド Mastecad、VISA、JCB
申し込み対象者 法人代表者、個人事業主
限度額 10〜200万円
追加カード 最大3枚(年会費無料)
ETCカード 1枚まで(年会費無料)
申し込み必要書類 申込者の本人確認書類
支払い方法 1回、2回、3〜20回、ボーナス一括、リボ
ポイント還元率 なし 最大0.5%
ラウンジ利用 なし 国内空港のラウンジ
国内旅行保険 なし 最高1億円(自動付帯※)
海外旅行保険 なし 最高1億円(自動付帯※)

※自動付帯であればカードを所有しているだけで無条件に保険が受けられる。

支払口座は法人代表者なら法人名義口座、個人事業主なら屋号名もしくは本人名義の口座を設定出来ます。

追加(社員)カードも年会費無料で3枚まで作れます。

VISA、Mastercard、JCBの3種類の中からブランドを選べます。海外での使用でも問題ないでしょう。

カード作成に必要な書類は本人確認書類のみです。(運転免許証・マイナンバーカードなど)

公式サイトでチェック→ライフカード ビジネスライト スタンダード

ライフカード ビジネスライト付帯特典

スタンダード、ゴールド共通のサービスです。

クラウド会計ソフトのfreeeを2ヶ月間無料で使用出来る。
弁護士無料相談サービスで電話または面談による法律相談が1時間無料になります。
カーシェアリング「タイムズカープラス」が優待料金で利用出来ます。
福利厚生サービスとして全国の保養所・介護・医療サービス等が優待価格で利用出来ます。
海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」によって海外旅行の情報収集、ホテル・レストランなどの予約が手軽に利用できます。その他、カードの紛失・盗難時の手続き案内、病気やケガをしたときの医師や病院の紹介・手配なども。
旅行サービス「リロの旅デスク」によって国内・海外ツアーが最大8%OFFになります。
Mastercardビジネス・アシスト、Visaビジネスオファー、Visaビジネスグルメオファー
各国際ブランドの優待が受けられます。

●スタンダードの残念な点

ライフカード ビジネスライト スタンダードはカードを使ってもポイントは付きません。

空港ラウンジも使えません。

国内・海外旅行の障害補償もなしです。

ゴールドにすると普通の法人カード並みのスペックになる感じです。

公式サイトでチェック→ライフカードビジネスライト ゴールド

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは個人でも法人でも使えるカードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
カードデザイン
年会費 1,000円+税
(初年度無料、翌年から年1回以上の利用で無料)
ETC年会費 無料(5枚まで発行可能)
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 なし(ネットショッピングでの不正使用を補償するオンラインプロテクションはあり)
ポイントプログラム 永久不滅ポイント
支払い方法 1回払い、ボーナス一括払い、2回払い又はボーナス2回払、リボルビング方式
即日受け取り 申し込み時にセゾンカウンターでの受け取りを設定すると、申し込んだその日にカードを受け取りにいけます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴です。

  • 実質年会費無料(年一回でも利用があれば年会費は無料)
  • 維持コストがかからない分、旅行傷害保険などが一切なし
  • 個人カードとしても法人カードとしても作れる
  • 即日でカード発行、その日のうちに手にいれられる

引き落とし先を個人口座でも法人口座でも設定出来るフレキシブルなクレジットカード。

年会費は1,000円という設定になっていますが、初年度は無料、次年度からも年一回でも利用があれば年会費は無料になるので実質は無料ということです。

ただし、その分国内・海外旅行保険は付いていません。

ポイントは永久不滅ポイントが付きます。基本還元率0.5%

一番の売りポイントは即日でカードが受け取れる事です。最寄りのセゾンカウンターまで取りにいけばその日のうちに使い始めることが出来てしまいます。

年会費実質無料のアメックスカードというのも魅力じゃないですか。
 
初年度年会費無料「セゾン パール・アメリカン・ エキスプレス・カード」(20180406)

まとめ

ある程度の規模の会社には今回紹介した年会費無料の法人カードでは対応しきれないでしょう。

小規模な法人会社、または個人事業主向けの法人カードとして検討してみてください。


以上「【2020年版】年会費無料のおすすめ法人カード」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 年会費無料