JCBブランドの法人カードを選ぶならプロパーカードであるJCB法人カードで決まりでしょう

   

JCBブランドの法人向けクレジットカードを選ぶならプロパーカードであるJCB法人カードを選ぶのがお得です。

プロパーカードとはなんじゃ!

プロパーカードとは国際ブランドが自ら発行しているクレジットカードのことですね。

よけいわからん、説明せい!

わかりました。
じっくりと説明していきますのでお付き合いください。

JCB法人カードはプロパーカード

 

国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドって知ってますか。

国際ブランド?初耳じゃ

VISA、Mastercard、JCBって見た事あるでしょ。
よくお店のドアにシールが貼ってある。

あれが国際プランドと呼ばれるものでクレジットカードの右下部分にも表記されてますよね。

お店のドアのシールとかクレジットカードの右下部分ね。見た事ある!

国際ブランドは世界中でクレジットカードが使えるようにシステムを管理している会社なんですよ。
VISA、Mastercard、JCBにマークのあるお店なら世界中どの国にいってもそのマークのついたクレジットカードを使うことができるんです。

プロパーカード

現在のクレジットカードはこの国際ブランドとカード発行会社が組んでクレジットカードを発行している場合が多いです。
例えばライフカード。
ライフカードはアイフルと国際ブランドのVISA、Mastercard、JCBとが組んでクレジットカードを発行しています。
なのでVISA、Mastercard、JCB、それぞれのブランドごとのライフカードがあります。

それに対してJCBカードはJCB自体が発行しているクレジットカード。

こういうクレジットカードをプロパーカードと呼んでいます。

現状ではJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの3ブランドのみがプロパーカードを発行しています。

プロパーカードのメリット

 

補償額の大きい旅行傷害保険

プロパーカードは補償額の大きい海外旅行傷害保険が付いていることが多いです。
しかも自動付帯です。

自動付帯保険とはカードを所有しているだけで補償が受けられる保険のこと。
それに対して旅行代金などをそのカードで支払った場合にだけ補償が受けられる保険のことは利用付帯保険といいます。

 

ステイタスの高さ

一般的にプロパーカードの方がステイタスが高いとみなされます。
例えばJCBブランドの楽天カードより、JCBプロパーカードの方がステイタスが高いカードということになります。

海外のホテルでは高額なデポジット(保証金)を払わなくては泊まれないところがありますが、ステイタスが高いプロパーカードを持っていると泊まれる場合があります。

クレジットカードが身分を保証してくれるわけですね。

法人カードとしての魅力

 

個人事業主でも作れる法人カード

JCB法人カードはその名のとおり法人向けクレジットカードです。
しかし法人登記していない個人事業主でも作れる法人カードなんです。

JCB法人カードの申し込みフォームをみればわかりますよ。

JCB一般法人カードは個人事業主をターゲットにしているのかなと思います。

限度額上限が100万円となっていて、社員が何人もいる会社では追加カードを作って使うとなると100万円では厳しい感じですよね。

JCB法人カードスペック表

JCBゴールド法人カード JCB一般法人カード
券面
年会費 10,000円+税
初年度無料
1,250円+税
初年度無料
追加カード年会費 3,000円+税/枚 1,250円+税/枚
ETCカード 複数枚発行OK
ETC年会費無料
限度額 50万~250万円 10万~100万円
海外旅行保険 最高1億円(一部利用付帯) 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(自動付帯) 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円(国内/国外) 最高100万円(国外)
ポイントプログラム キャッシュバック型 ポイント型 キャッシュバック型 ポイント型
カード特典 ゴルフ場予約サービス(全国約1,200ヵ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクが代行)
空港でのラウンジ利用が無料
特典なし

プロパーカードのステイタスを生かすならゴールドカード

スペック表を見ていただければわかるとおり、JCBゴールド法人カードなら申し分のないスペックを持っています。

限度額、付帯保険、カード特典を見ればステイタスの高さがわかります。

空港のラウンジを使えるのもゴールドカードからです。

さらに上を目指すならプラチナカード

ゴールドカードより上のステイタスを求めるならJCBプラチナ法人カードです。

券面
年会費 30,000円(税別)
追加カード年会費 6,000円(税別)
ETCカード 複数枚発行OK
ETC年会費無料
限度額 150万円~
海外旅行保険 最高1億円(家族特約付)
国内旅行保険 最高1億円(家族特約付)
カード特典 世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」
人気の高いホテル・旅館をおトクに宿泊できるJCBプレミアムステイプラン

一般的にプラチナカードはゴールドカード所有者が半年、一年と利用実績を重ねて、カード会社が上客として判断した場合にだけインビテーション(招待)を受けて作れるものでした。

でも最近は最初から申し込めるプラチナカードが出てきましたね。セゾン・プラチナ・アメックスカードなんかもそうです。

そしてJCBプラチナ法人カードも招待がなくても申し込めるプラチナカードなのです。

限度額はスタートが150万です。利用実績を積むと上がっていくのですが上限が書いてありません。

逆にゴールドカードなのにインビテーション(招待)が必要になるJCBゴールド ザ・プレミアというのもあります。

 

ビジネスに特化したサービス

JCB法人カードは法人向けクレジットカードとして、ビジネスに特化したサービスを提供しています。

年会費1,250円のJCB一般法人カードでもちゃんとサービスは受けられますよ。

JALオンライン(法人向け国内出張手配サポート)
オフィスのパソコンで簡単に航空券の予約ができる法人精算方式のチケットレスサービスです。JCB法人カードでのお支払いなので立替精算が不要。JALならではの「事前座席指定サービス」も利用できます。

ANAデスク(法人向けインターネット出張手配システム)
法人ニーズに合わせたインターネット航空券予約サービスです。急な出張にも対応できます。ご搭乗日がカードご利用代金明細に記載されるので出張管理にも大変便利です。

JR東海「エクスプレス予約」サービス
東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービス「エクスプレス予約」サービスを、お持ちのJCB法人カードで利用できます。

じゃらんコーポレートサービス
国内最大級の宿泊予約サイトである「じゃらんnet」で提供している宿泊プランの他、法人限定の安価なシークレットプラン「JCS限定プラン」を提供。
これにより「出張コスト削減」を実現します。
大規模企業様向けには出張コスト削減に加え、企業様専用アカウント上で法人向けの管理機能を利用することにより「出張の見える化」「業務効率化」「内部統制強化」を実現します。

引用元:JCB法人カード https://www.jcb.co.jp/corporate/service/

<インターネット新規入会キャンペーン>
JCBギフトカードを最大7,000円分プレゼント
ゴールド法人カード、プラチナ法人カードなら最大12,000円分
キャンペーン期間:2019年4月1日(月)~9月30日(月)お申し込み分まで

公式サイトでチェックしてみる→ あらゆるビジネスシーンをバックアップする便利でスマートなJCB法人カード

JCB法人カードまとめ

ビジネスで使うクレジットカードとしてJCB法人カードなら申し分のないスペックを持っていることがおわかりになったと思います。

ステイタスの高いプロパーカードは審査が厳しいんじゃないの?

今、プロパーカードを発行しているのはJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの3ブランドのみですが、その中ではJCBのプロパーカードは比較的審査が厳しくないと言われていますよ。

プロパーカード最初の一枚としてJCB法人カードはいいんじゃないでしょうか。


以上「JCBブランドの法人カードを選ぶならプロパーカードであるJCB法人カードで決まりでしょう」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 法人カード個別記事