空港ラウンジが使える年会費が安い個人事業主向けクレジットカード

   

出張で頻繁に飛行機を利用するビジネスマンの空港での賢い過ごし方。

それはフライトまでの時間を空港ラウンジでゆったりと寛ぐ事です。

ファーストクラスやビジネスクラスの人しか入れない航空会社のラウンジもありますがゴールドランクのクレジットカードを持っているだけで利用できるカードラウンジと呼ばれる空港ラウンジもあるんですよ。

LCC(格安航空会社)を利用することが多いビジネスマンは特にカードラウンジの利用がおすすめです。

今回はこのカードラウンジを利用出来るゴールドランクの法人・個人事業主向けクレジットカードで年会費の安いものを調べてみました。

空港ラウンジとは

みなさん、空港で搭乗前の待ち時間をどこで過ごしていますか。
普通だと一般ロビーや、空港内喫茶店、飲食店などですね。

混雑時は空港内喫茶店、飲食店などは入れないこともあり困りますよね。
一般ロビーでさえ座る席がないくらい混んでる時もあります。

乗り継ぎなどでは結構な時間を待たなければいけないときは深刻です。

そんなときおすすめなのが空港ラウンジです。

一般ロビーとは違う居心地のいい椅子やソファが用意されていてフリードリンクも用意されている。
アルコール類、軽食も用意されているところも多いです。(一部有料の場合あり)

電源、wifiも用意されていてラウンジで仕事をするビジネスマンも多いですよ。
シャワー室があるとこもあります。(有料の場合あり)

搭乗前の待ち時間を快適に過ごせる、それが空港ラウンジなんです。

空港ラウンジは基本2種類

空港ラウンジは大きく分けると次の二つになります。

カードラウンジ

クレジットカード会社が運営するラウンジ。
対応するクレジットカード会社のゴールドランク以上のカードを所有している人が使用出来る。

ほとんどのクレジットカード会社ではゴールドランク以上のカードを所有している人に空港ラウンジ使用を提供しています。
所有しているクレジットカードをチェックしてみてください。

ゴールドランク以上のカードであれば空港のカードラウンジを利用できますよ。
注)まれに対応していないカードもあるのでスペックを確認してください。)

航空会社ラウンジ

航空会社が運営するラウンジ。
主にビジネスクラス・ファーストクラス利用の人や航空会社をよく利用する上級会員だけが使用出来る。

JAL(日本航空)のサクララウンジやANA(全日空)のANA LOUNGEなどが航空会社の空港ラウンジです。

アルコールを含めたドリンク類、ビュッフェスタイルの食事が全て無料で提供されています。
電源、wifi完備で仕事をするスペースとしても使えます。

シャワー室も完備でもちろん無料です。

空港ラウンジへの入り方

それぞれの空港ラウンジへの入り方を紹介します。
基本は当日の搭乗券を持っていることですね。

カードラウンジへの入り方

カードラウンジが使えるカード会社のゴールド以上のカードと搭乗券が必要

だいたいどこのカード会社でもゴールドカード以上は国内ラウンジが使えます。

カードラウンジは手荷物検査前のエリアにあることが多いので余裕を持ってラウンジを出ないと搭乗時間に間に合わなくなてしまいますよ。

筆者は時間ギリギリまで搭乗ゲートにいかなかったら「〜便にご搭乗のお客さま、ただちに〜の搭乗ゲートまでお急ぎください」というアナウンスが流れているの気づきました。搭乗ゲートに到着すると「早く早く!」って急かされて職員が乗るトラックのような車両に一人載せられて搭乗する飛行機まで連れていかれた事がありました。搭乗時間には気をつけましょう。

 

航空会社ラウンジへの入り方

その航空会社の当日のビジネスクラス・ファーストクラスの搭乗券が必要。

航空会社ラウンジの場合エコノミークラス利用ではプラチナだろうが、ブラックカードであろうがクレジットカードでは入れません。
航空会社とクレジットカード会社が提携して発行しているJALカードやANAカードでも同様です。

あくまでもビジネスクラス・ファーストクラス利用の人か航空会社をよく利用する上級会員だけが利用出来るようになっています。

航空会社ラウンジは手荷物検査後のエリアにありますので、搭乗時間ぎりぎりまでゆったり過ごすことが出来ます。

カードラウンジが利用できる年会費の安い法人カード

出張で飛行機に乗るビジネスマンなら飛行機代は当然会社経費ですよね。
個人事業主でもそれは同じです。

経費にするにはビジネス用のクレジットカードを持っていた方がなにかと便利です。

個人でプライベート用に使っているクレジットカードを使ってしまうと、確定申告のときにいちいち個人使用のものとビジネスのものとを区別する手間が発生します。

これはまず処理が面倒になるのもありますが、税務調査に入られた場合にきっちりと事業の経費だということを説明しずらくなってしまうんです。
利用明細の中にプライベートなものとビジネスで使ったものとが混在してしまうわけですから。

ここからは空港ラウンジが利用できる年会費の安い法人カードを紹介します。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールド・フォービズ(EX Gold for Biz)

 

個人事業主用と法人代表者用に2種類のカードが用意されている

オリコ EX Gold for Bizは個人事業主用と法人代表者用の2種類のカードが用意されています。

個人事業主用のタイプS

法人代表者用のタイプM

どちらも年会費2,000円+税 (初年度無料)で、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ空港(旧ホノルル空港)、韓国の仁川空港のラウンジを365日無料で利用できます。

オリコビジネスカードGold

オリコビジネスカードgold

オリコビジネスカードGoldは中小規模の法人が対象の法人カード。
登記事項証明書もしくは印鑑登録証明書が必要なので個人事業主では作れません。

追加カードは20枚、限度額は最高で1,000万円までと中規模の会社でも十分のスペックを持っています。
社員に渡して経費支払いに使える追加カードが20枚まで作れます。

年会費2,000円+税 (初年度無料)で、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ空港(旧ホノルル空港)、韓国の仁川空港のラウンジを365日無料で利用できます。

まとめ

ビジネスクラス・ファーストクラスの人だけが使える航空会社ラウンジほどのサービスはありませんが、空港の待ち時間を快適に過ごせるカードラウンジは忙しいビジネスマンにはありがたいサービスです。

年会費二千円の法人カードで使えるのはいいと思いませんか?

今回紹介した2種類のオリコカードは国内空港ラウンジで使えるだけじゃなく安い年会費なのに充実した旅行傷害保険などとてもコスパのいい法人カードです。

メインカードまたはサブカードとして検討してもいいんじゃないでしょうか。


以上「空港ラウンジが使える年会費が安い個人事業主向けクレジットカード」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - コラム, 個人事業主